帝王切開レポ

2018年2月5日、第一子となる娘を出産しました。1991年の同じ日に私が生まれ、その27年後には我が子を産んでいると思うと感無量です。 

出産から1ヶ月経って、ようやく心身ともに落ち着いてきた感じがあるので今のうちに出産レポを残しておきたいと思います。もちろん出産は百人百色なので、私の場合、もっと言えば私の初産の場合はこうだった、というレポです。

 

私は最後まで逆子が治らず、予定帝王切開になりました。帝王切開は術後が痛いと聞きますが、本当でした。ただ、3日目までを耐えれば後はなんとか気力で乗り切れる。

 

  • 手術当日

9:00 入院

当日は絶食で入院でした。NSTで胎児の心拍確認、エコーで胎位確認。逆子は治らず、手術が確定。私の体温・血圧・体重を測定し、点滴・尿道カテーテルを繋がれて、除毛もされました。

13:30 手術開始

手術室まで移動し、手術台に上がる。もう怖くて怖くて、泣く。背中に麻酔を投入するも、針がうまく刺さらない。結局、4回も刺されました。これが痛い。麻酔が効いて、しばらくお腹を押されたら「赤ちゃん出ますよー」と医師。えっ、もう出るの?

「ふんぎゃぁー、ふんぎゃぁー」と泣き声が響いて、今度は感動で泣く。開腹からは5分程度くらいしか経ってない気がしました。閉じられている時間が長い。ベビーは処置を受け、私はベッドで部屋に運ばれ、しばらく後に部屋で再会となりしました。

手術後

まだ麻酔も効いているので痛みもなく、付き添いの家族と一緒にただ大声で泣くベビーかわいいと思ってました。家族が帰った頃から辛い時間が始まりました。徐々に麻酔が切れ、傷口の痛みなのか子宮収縮の痛みなのかとにかく痛い。気を紛らわせようと必死でテレビを見るも耐え切れず、ナースコールをして痛み止めの点滴を投入してもらいました。

結局2時間おきくらいに看護師さんが来て、栄養の点滴だったり、痛み止めの点滴だったり、血圧測定だったりと繰り返しました。痛み止め入れても腹は痛いし、寝た気がしない。

  • 術後1日目

 強烈な痛みを本格的に思い知ったのは、朝食を食べるために電動ベッドのリクライニングを起こした時でした。少しでも上半身を支えようとすると腹が痛くてたまらない。

朝食後にはカテーテルを抜かれ、トイレに行く練習。電動ベッドのリクライニングに全力で頼るも、まずベッド脇に座るのですら痛い。看護師さんに支えてもらうも立ち上がれない。時間を空けて痛み止めを追加してもらって再トライ。個室だったので病室内にトイレがあったのに、めちゃめちゃ遠く感じました。

カテーテルの影響なのか、まだ尿意が自分でわからないので、2時間毎にトイレへ。毎回のトイレ往復が辛くて辛くてたまらない。寝るも座るも痛くてたまらず、真剣にテレビを見ていました。

午後、3時間程度ベビーを部屋に連れてきてもらい、すやすや眠る様子をみて癒やされていました。が、まだこの時は自分の痛みに精一杯で、とても抱っこなんてできる状態ではありませんでした。

  • 術後2日目

痛み止めを飲みつつ就寝。3−4時間間隔で目が覚めるものの、初日よりはマシ。

母子同室が開始となり、授乳指導。出ない母乳に不安と焦り。抱き上げるのに痛みはありましたが、授乳に合わせて痛み止めを飲んだり、産後のアドレナリンだったりで感じにくくなっていた気がします。

痛み止めを飲みつつ就寝。

  • 術後3日目

まだ痛みは残るものの、頭の中は授乳のことばかり。トイレの往復はまだ辛い。痛み止めを飲みつつ就寝。

  • 術後4-8日目

ベッドから起き上がるのにはまだ苦労するものの、生活中の痛みはかなり回復。不意にクシャミをしたり、笑ったりしてしまい激痛。

頭の中はやはり授乳のことばかり。

  • 術後9日目 退院日

退院前の診察を受けて、傷口や子宮の回復具合を確認。痛み止めはこの頃には1日1回飲むかどうかでしたが、念のため処方してもらい、退院しました。

 

とにかく術後3日目までが苦痛で仕方なかったし、座るも寝るも痛くて、私は切腹したんだな、というのをひしひしと実感しました。

それ以降はもう授乳のことしか頭になかったです。授乳で苦労して悩んでいた話は、また別の記事に残しておきたいと思います。

 

産休TODOリスト

新しい命を授かり、順調に産休を迎えることができました。
産休を逆子体操と散歩だけで過ごすのはもったいないので、やりたいことリスト(一部は既にやり終えたリスト)を残しておこうと思います。

  • 提出物の事前準備(会社)

自分で提出する必要があるのは主に育休関連
旦那に提出してもらう書類も今のうちに準備して情報共有(主に扶養と健康保険関連)

  • 提出物の事前準備(役所)

役所に提出するのは出生届だけではない。児童手当・こども医療費助成・新生児訪問・低体重児届出(2500g以下の場合)

  • 提出物の事前準備(産院)

埋められる箇所を書いたら入院バッグへ入れておく。出産育児一時金・入院同意書・スクリーニング検査同意書

  • 入院バッグの準備

産院からもらった準備リスト+各所のブログや友人からの情報を参考に備える

田舎なので陣痛タクシーのサービスを謳っているタクシー会社はネットで調べた限りなかったけど、電話で問い合わせをして陣痛時・破水時にも対応してくれるタクシー会社を見つけて自宅登録。

  • 母親教室の参加

産院の教室は平日しかやっていなくて、これまで放置していたらフォローされてしまったので急いで申し込み

  • ベビー用品の購入

無駄な購入は極力避けたいので衣類・沐浴グッズのみ揃えてあとは必要になったらAmazonを頼る作戦
チャイルドシートの取り付けは旦那に任せる

  • ベビー服の洗濯

糊落としのため一度はすべてのベビー服を洗濯する

  • 保育園の申請フロー確認

早産まれ出産になるので、年度途中の申請方法と待機児童になった場合のフローを確認

  • マネープラン作成・保険の見直し

産休・育休中の手当てや教育費の計算など

  • 図書館バッグづくり

絵本も入るサイズで図書館カードが内ポケットに入れられるようなバッグをハンドメイドしたい

  • 断捨離・大掃除

見て見ぬふりをしてきた場所、最終チャンスだと思ってやります

  • デジカメ写真データの整理

産後は大量の写真に溢れることが予想されるので、過去データをDVDに焼いてSDからは消去します

  • 行ってみたかった店に行く

私は星野珈琲店へスフレパンケーキを食べにいきました


それぞれで記事が書けそうなものもありますが、とりあえずはこのくらいかなぁ。。
だらだらしてしまいがちなので、午前中に掃除をして、午後からは活動するリズムを崩さないようにしたい。

異動と五月病

この時期に五月病と言うにはもう遅いか。

Twitterにも吐いたけど1人になると承認欲求高まるのか書きたくなる。

 

新年度で異動してから、目標管理制度が苦痛で仕方ない。目的意識も高くて影響の輪を広げようとしている上司と合わないのか、ただ自分の考え方が足りないのか、どっちもなのか、それ以外なのかもしれないけど。

 

これまで期待されていた軸の話じゃなくて自分の基盤の強化の話をされたことに戸惑ってるだけなのかな。違うと思ってた2つが同じだと言われて飲み込めないだけなのかな。

うまく言葉にならんのが語彙力がとてつもなく落ちている証拠で悔しい。

 

新しい上司はあまりわからなくて、気さくで、技術屋っぽくは見えないけど技術が基本だって言ってて、目的意識が高いのか教育が好きなのか部下に対しての話が多い。仕事の鉄人だった前の上司と比べたら、世間話はしやすいかもしれんけど仕事の話はしずらいかな。うまくやれるといいけど。

 

異動したおかげでインフラ寄りの仕事がやれることになったのでその点とても楽しみ。ぼろぼろに砕かれたらアプリに逃げ帰ろ。

イケてるネーミングセンス

ほしい。

例えば、セッションキーにssHogeってつけてるのにリクエストキーに対してもssFooとかつけちゃうような気持ち悪いことしたくない。ってか即刻やめろください。

スコープわからなくなって超混乱した

いま使っているヘアケア

ルベル ナチュラル ヘアソープウィズ SW

無印良品 ホホバオイル

これだけで完璧

コンディショナーも使わずシャンプーだけ。
美容院のトリートメントはロレアルの癖毛タイプ(1回/2か月)

シャンプー後、タオルドライしてホホバオイルを髪の耳から下部分につけてからドライヤーで乾かすだけ

仕事と将来設計

今年度前期を振り返って、上司との面談があった。その中で、これからどういう仕事をしていきたいのか、聞かれても答えがわからなくて尊敬する先輩の名前を挙げた。それなりにわかりやすい回答だったらしく、納得された。

自分では特に他人と比較していないのでわからないけど、早いペースで重たい仕事を経験させられてきた、らしい。
結果的に、ほんの少しかもしれないけど、上司の期待を越えた成果だった、らしい。
評価してもらえて、素直に嬉しかった。

女だから、って訳じゃないけど、仕事は腰掛け程度にしたいと考える人もいる。お前の地頭的な部分には期待している分野があるから、仕事をしてほしい、と言われた。

いわゆる情報工学育ちではない私には、顧客業務ベースでビジネスを考えることを期待されているらしい。システム側から歩み寄り、どのようにユーザーの満足を引き出すか、それを開発現場にいる側の人間として、実現できる範囲を見極めてほしいと。
なかなか抽象的で難易度が高い。まぁ、ざっくりSE語で言えばウォーターフォールでいう要件定義とはいかずとも詳細仕様からユーザーにアプローチできるレベルに育てたい、と。

そんな期待をされているとは思いもよらなかったので驚いた。プライベートを置き去りにしたいとは思わないし、家庭を持ちたいし、子供もほしい。仕事はまぁ食うに困らない収入があればいいや、と思ってた。けど、そんなこと言われたら仕事もしたくなるじゃない。

緊急会議だ。

Linuxの拡張子、なんてものはなかった。

昨日の記事でシェルスクリプトのファイルを拡張子削ってみても普通に使えた!っていう事象がありました。
完全にwindowsしか使ってこなかった身分としては「拡張子を変更するとファイルが開けなくなる可能性があります」っていう警告を出すくらい、ファイルと拡張子の関連性は高いものだと思ってました。ましてや拡張子を削るなんてなにもできないファイルじゃないか、と。

Linux 拡張子」でググったら資料は出てくる出てくる。これ、割とLinux初心者が無意識にwindowsの常識を持ち込んでしまっていて、まず最初にびっくりするギャップなのかもしれないなー。
例えば、hoge.shというファイルは.shの拡張子がついているけど、'hoge.sh'っていうテキストファイルである可能性もある。ってこと。'hoge.sh'っていうのがファイル本体の名前。

そのファイルがなんなのか、明示化するためにあくまで規約として.shや.txt等をファイル名につけることはあっても、LinuxUnix系では拡張子という概念は存在しない、らしい。
これでwindows脳が困るのは以下のようなケースだけど、やり方はいくらでもあるっぽい。

Linuxはファイルの区別を拡張子で行わないので、そのファイルが一体どのようなファイルなのかはファイル名、拡張子からは判断できません。Linuxのファイルの種類を調べるには、fileコマンドを使用します。

構文としては「file ファイル名」と実行します。

ファイルの種類を調査する

[pakira@Dolphin du_test]$ file du_file
du_file: empty
↑空ファイルを調査します。

[pakira@Dolphin pakira]$ file du_test/
du_test/: directory
↑ディレクトリを調査します。

[pakira@Dolphin bin]$ file sleep
sleep: ELF 32-bit LSB executable, Intel 80386, version 1, for GNU/Linux 2.2.5, dynamically linked (uses shared libs), stripped
↑コマンドファイルを調査します。
引用元:
ファイルの種類を調べる:Linux最強Tips集

勉強になりました。